概要

理念(法人理念)

「ゆっくり たしかに」

  1. 障害を持つ人たちがいきいきと意欲をもって過ごすことができる、押し付けではない生活を、第一に考えていきたい。
  2. 障害を持つ人たちが自分の意思で行動し、ぶつかり合い、まとまっていくのを見守りたい。
  3. おとなとしての充実感を持って生活できるように、日中活動(生産・文化的・創造的など)と住まいの場(居住・生活など)の区切りをはっきりさせた上で支援を行う。
  4. 余暇が文化的、創造的なものであるように、充実した時を過ごせる余暇活動の支援を考えていく。
  5. 日常生活の中での体験を大切にして、発達のさまざまな側面(身体・知能・性格・意志など)からの系統的アプローチを行い、個人の中でそれぞれがバラバラではない、人間的なまとまりを持ったものになるように支援していく。
  6. 支援にあたっては、一人ひとりの特性をつかみ、それに応じた支援を行う。その時に、目で見て確かめることを重視した、必ず相手にわかる(理解できる)支援を考える。

概要

法人名 社会福祉法人 清新会
設立 昭和54年11月17日
本部 名古屋市中村区名駅南三丁目4番16号
代表者 理事長 鹿野 徹映

沿革

昭和54年6月 社会福祉法人設立を決議
10月 精神薄弱者授産施設「清新館」設立会議 法人設立認可
11月 清新館建築工事着工 法人設立登記
昭和55年4月 清新館 開所
昭和56年9月 清新館創立1周年行事開催
昭和58年1月 精神薄弱者入所更正施設「森孝勝善館」設立会議
9月 森孝勝善館建築工事着工
昭和59年4月 森孝勝善館 開所
平成3年5月 清新会 10周年記念行事開催 記念誌発行
平成6年11月 森孝勝善館スプリンクラー設置工事着工
平成8年12月 森孝勝善館・厨房・居室増築工事着工
平成9年4月 森孝勝善館 定員3名 増員(定員43名)
平成15年11月 もりたかホーム開設(定員4名)
平成16年5月 もりたか第二ホーム開設(定員5名)
平成18年10月 上記もりたかホーム、共同生活介護事業所(ケアホーム)となるもりたかホームSUN歩 開設(定員15名)
平成19年11月 森孝勝善館から森孝しぜんかんへ施設名変更
平成19年11月 相談支援事業 森孝しぜんかん
平成21年4月 障害者自立支援法により、障害者支援施設 森孝しぜんかん(定員40名) 生活介護事業 こみねっと森孝(定員48名) もりたかホーム名称変更(一歩・2’S・SUN歩)(定員18名)
平成21年10月 森孝しぜんかん 生活介護事業 喫茶店イマジン
平成23年2月 もりたかホーム(四音・五夢)(定員28名)
平成23年6月 清新館 多目的室工事着工
平成23年10月 障害者自立支援法により、生活介護事業 清新館となる
平成24年3月 相談支援事業 清新館
平成24年4月 指定特定相談支援事業、指定障害児相談支援事業  相談支援 清新館
平成24年4月 指定一般相談支援事業障害児相談支援事業 サポートセンターサテライト
平成24年4月 森孝しぜんかん 7名減員(定員33名)短期入所(定員5名)

組織図

組織図

役員名簿

任期

評議員 平成29年4月1日から平成32年度定時評議員会まで

理事  平成29年6月17日から平成30年度定時評議員会まで

【理事・評議員】
氏名 選出区分
鹿野徹映 【理事長】(学識経験者)
戎 弘志 【理事】(学識経験者)
松枝行雄 【理事】(学識経験者)
村松たづ子 【理事】(森孝しぜんかん 支援員)
渡邉良乗 【理事】(清新館施設長)
米澤 順 【理事】(森孝しぜんかん館長)
【監事】
杉山實朗 (学識経験者)
副島哲 (学識経験者)
【評議員】
大島賢治 (学識経験者)
小川 伸 (学識経験者)
梅村城生 (学識経験者)
清水晃一 弁護士
河合則和 地域代表 清新館
永井万理 【清新館 保護者会長】
川北 勉 【森孝しぜんかん 保護者会幹事】

(敬称略・順不同)

定款

役員報酬規程

事業報告・決算書